法人成りした後の個人事業の引継ぎ

会社は、設立日から個人事業を自動的に引き継ぐ
と、お考えの個人事業主様が、多いように感じます。
しかし、これは大きな誤解です

まず、基本的な事項から整理してみましょう。


会社の設立日、とは?

これを再確認していただくだけで誤解はかなり解けます。

会社の設立日とは、会社の設立登記の日です。

では、設立登記の日とは、いつを指すのか?

これは、設立登記の申請をした日です。具体的には、法務局に設立登記の申請書類一式を持ち込んだ日です。

すなわち、会社の設立日といっても、法務局に登記申請の書類を提出しただけで、まだ、会社としての体をなしていないのです。

具体的には、

・商業登記簿に登録されていない
  → 登記簿謄本をとれない
・会社代表印が登録されていない
  → 印鑑証明書をとれない

その結果、

会社名義の預金口座を開設することが出来ない
会社として契約行為をすることも難しい

これでは、法人として事業をすることなど不可能です。まだ、会社としての体をなしていないわけです。


いつから、会社としての体を成すのか?

法人の設立登記申請後の、おおまかな流れとしては、次のようになります。

  法務局へ設立登記の申請書類を提出(会社の設立日)
     
      約5営業日後
     
  補正事項(修正すべき事項)の有無を確認
     
      補正事項がなければ、登記完了
     
  会社登記簿謄本と代表印の印鑑証明書の入手が可能に
     
      登記簿謄本を銀行に提出、その数日後に
     
  銀行に法人名義の預金口座を開設できる


会社が事業をする主体として現実的に機能しうるのは、会社設立日よりもかなり後になってから、ということを理解していただけたと思います。

すなわち、冒頭に書いた、
「個人から法人に事業が引き継がれるのは、会社設立の日である。」
というのは、全くの誤解なのです。