会社の最初の事業年度は、いつから始まる? / 法人成り後の引継ぎ

設立初年度の事業年度は、「会社の設立日」より開始されます。
この点も、引き継ぐべき日は設立の日、という誤解を生む原因の1つです。

これは、あくまでも、「会社の会計帳簿を作成し始める日」という意味しかありません。

設立前にした支出(個人が立て替えた設立準備の支出)は、設立の日、つまり、帳簿の開始日に、まとめて帳簿に記載します。

設立後、実際に事業を開始するまでの支出は、個人が立て替えたものも含めて支出した日に記帳します。

設立日 = 最初の事業年度の開始日 = 会計帳簿の作成を開始する日

と考えて下さい。 事業の開始日、云々、という問題とは切り離して考えていただいて結構です。


法人成りした年の税務申告 については・・・



法人成りに関するお問い合わせは、こちらからどうぞ。