適切な決算のための帳簿 / 法人成り(法人化)後のお手伝い

多くの個人事業主様は、青色申告を選択され、ご自分で帳簿を作成しておられます。
こういうケースでは、法人成りした後も、ご自分で帳簿を作成することは可能です。
戸惑う部分も多いでしょうが、弥生会計などの会計ソフトを利用し、ハウツー本の1冊も手元に置いておけば、何とかなるはずです。

ただし、こうして作成された帳簿は、帳簿の体裁は整っているものの、適切な決算が可能な帳簿とは限らない、ということです。


適切な決算。
つまり、節税のための方策、処理を全てタイムリーに取り込んだ決算。
この決算の土台になるのが、私の考える帳簿です。

ご自分で作られている帳簿の内容が、誤っていたらどうでしょう?

帳簿の上では大して儲かっていなかったのに、実際には結構な利益が出ていた。
嬉しい誤算ではありますね。
ただし、儲けには税金が課税されます。
しかも、この場合、節税対策は何もしていません。
全く無防備な状態で、課税を受けてしまいます。

逆に、帳簿の上では儲かっていたにも関わらず、実際は赤字だった。
悲しい誤算です。
でも悲しんでいる暇はありません。
金融機関から借入をしている場合、また、借入を予定している場合、非常に困ったことになります。
赤字は、金利や返済条件の見直しにつながりかねません。
新規融資の場合は、融資そのものを断られる可能性が高くなります。


このように、節税や銀行対策の土台になるのが、帳簿なのです。

・今月末の利益は?

この点が明確になっていて、はじめて、

・事業年度末における利益の予想

が、可能になります。
利益予想ができてこそ、初めて、決算対策も可能になります。


--------------------------------------------------
まとめ

適切な決算
   正しく、かつ、節税のための方策、処理を全て織り込んだ決算
   全ての節税対策は、事業年度末までに実施することが必要
    
タイムリーで正しい帳簿作成
   今月末の利益は?
   事業年度末の利益は?



当会計事務所のサービス内容は、こちらでご確認下さい。