効果的な節税のために / 法人成り(法人化)した後の経理で重要なこと

効果的に節税をするために、何が最も重要でしょうか?

テクニカル(かつ合法的)な決算調整でしょうか?
それとも、税務申告書の書き方(作り方)でしょうか?
はたまた、生命保険など節税商品を利用することでしょうか?
(当会計事務所は、ポリシーとして、保険代理業は営んでおりません。)

これらが、節税に必要なケースもある、かもしれません。
ただ、節税のために最も重要なもの、ではありません。


最も重要なのは、毎月の帳簿処理です。

帳簿が? なぜ?
節税と帳簿が、どう結びつくのか?
疑問を持たれる人も多いと思います。


本当に、節税対策が必要なのか?
必要だとしたら、どの程度の対策を打つ必要があるのか?
そのためには、どんな方法をとるのが効果的か?

これを教えてくれるのが、月々の試算表であり、
その試算表の基礎となるもの、それが、毎月の帳簿処理なのです。

いい加減な帳簿。
そこからは、会社の実態を反映していない試算表しか出てきません。
そんな試算表をもとに、節税対策を検討する・・・。

もう、それは、ギャンブルです。

節税対策は、それなりのリスクを伴います。
本当に必要な場面で、必要な範囲の対策をする。
節税という目的を果たしつつ、リスクも最小限に抑える。

ギャンブルではない、節税対策をしましょう。

そのためには、決算の段階で検討していたのでは、手遅れです。
また、その段階では、出来ることも限られてきます。



今度は、節税が必要な場合と逆のケースを考えてみましょう。

悲しいかな赤字、という場合ですね。

銀行から融資を受けている、また、新たに融資の申込を検討している。
赤字の決算は、銀行から見れば、大きなマイナス要因です。

金利や返済期間など、借入条件の見直しや、融資の申込みを断られる可能性も出てきます。
この場合も、決算の段階でジタバタしても、手遅れです。

月々の試算表が適切なシグナルを発してくれるか否か?
それは、帳簿の内容に左右されます。


事前に決算での利益(損失)を的確に予想する。
そのために不可欠なのが、適切な帳簿なのです。



このページでは、ここで述べた帳簿の重要性を、少し違う角度からご覧いただきます。