法人成りすれば、必ず社会保険に加入する必要があるのか?

個人事業の場合、社会保険への加入は任意となっています。そのため、個人事業では、国民健康保険と国民年金というケースが圧倒的に多いのではないでしょうか。

しかし、法人成りすることによって、社会保険への加入が強制されます。
社会保険とは、健康保険(協会けんぽ)と厚生年金保険の双方をいいます。

実は、個人事業の場合でも、社会保険への加入が義務づけられる場合があります。
一定の事業を行う事業所(事務所)で、常時5人以上の従業員を使用するケースです。
一定の事業とは、製造業、運送業、物品販売業、土木建築業、清掃業、その他の事業をいいます。

これに対して法人の場合、無条件で社会保険に加入する義務を負います。
社長の1人会社(従業員ゼロ)の法人であっても同じです。

保険料その他については、こちらのページで詳細をご確認ください。