当事務所の標準的な会計サービス / サービスの概要

機械的に帳簿を作成して、「はい、今月の帳簿です。」とお渡しするだけの、通り一遍のサービスとは大きく異なります。

月々の帳簿処理にも、決算対策を見据えてのノウハウを埋め込んでいきます。

原則として、毎月、お客様をご訪問させていただきます。
ご訪問時に、次の作業を行います。

月次試算表のご説明

   決算対策が必要と判断した場合、対策案をご提案させていただきます。
   決算対策は、早い時期に手を打つべきです。決算時点では遅すぎます。

出納データと領収書・請求書類の内容を確認

   お客様の出納データを、領収書や請求書などと照合し内容を確認します。
   これにより、税務調査での思わぬ指摘を防ぐことが出来ます。


イメージとしては、次の図のような流れになります。

kityou_basic.gif

決算期末の前後は、決算打ち合わせのため、別途ご訪問することがあります。

決算・税務申告まで、渡辺が、責任を持ってお引き受けいたします。


税金や会社運営に関するご相談

税金や会社運営に関することなど、何なりとご相談ください。
電話やメールでのご相談も申し受けておりますが、実際にお会いして・・・、という内容のものも、少なからずあると思います。
ご訪問させていただいた際には、どうぞ遠慮無くお申し付け下さい。
お急ぎの案件に関しましては、都度、ご訪問させていただきます。


税務調査への対応

税務調査には、責任を持って対応させていただきます。

当事務所では、普段から念入りなチェックのもと経理処理を行います。
税務調査においても、これといった特別な対策をすることはありません。

ただ、税務調査を始めて経験されるお客様にとっては、やはり、調査は不安なものです。事前に打ち合わせの機会を持たせていただき、対応の仕方など、ご確認させていただきます。

お客様にお願いしていること / 標準的な会計サービス

サービスご提供の前提として、お客様にお願いしている事項がございます。

日々の出納データを作成していただきます。

出納データの作成といっても、煩雑な作業ではありません。
必要最小限のデータを作成していただくだけです。


銀行預金の入出金記録

会社の預金通帳には、入出金の日付と金額が記録されています。
この通帳をコピーして下さい。(拡大コピーをお勧めします。)
コピーの余白に、次の2点を記入して下さい。
   入出金の相手先名
   入出金の簡単な内容(例えば、「売上代金の入金」など。)

これで、完了です。


小口現金の入出金記録

預金口座から50万円を引き出し、諸々の支払に充てる場合を考えてみます。

例えば、こんな支払が考えられます。
郵便局やATMから現金の振り込み
交通費の支払い
事務用品や書籍の購入
その他の諸々の支払い

この場合、預金通帳のような出納の記録は残りません。
そのため、次の項目を記録していただきます。

支払日
支払先(支払い先の名称)
支払内容(例えば、「タクシー代」など。)
支払金額

インターネットバンキングの普及で、口座からの振り込みが増えていますが、現金による小口の支払いも、まだまだ残っています。
この記録は、預金のそれと異なり、少々面倒です。

これは、お客様の業態や、支払い状況に応じて、かなりの省力化が可能です。例えば、「小口現金」の勘定科目を廃止する、というのも方策の1つです。
この点については、個別に、打ち合わせをさせていただきます。


面倒な手間は、できるだけ省きましょう。


請求書や領収書をファイリングしていただきます

ファイリングの方法は、特に決まったものはありません。
コピー用紙などに貼り付けて、ファイリングするだけです。

気をつけていただきたいのが、
時系列で貼り付けて下さい。(1日1枚である必要はありません。)
シッカリと貼り付けて下さい。(保存期間は、5年程度とお考え下さい。)
綴じノートに貼り付けるのは避け、ルーズリーフなどのファイル形式をお勧めします。

あと、最も注意していただきたいのが、

税務調査に際しては、調査官がこのファイルを見る。

という点です。

コピー済みや、受信済みのファックス用紙の裏に貼り付けてもかまいませんが、後々、税務調査で調査官に見られても支障のない用紙、でお願いします。


なぜ、ファイリングを、お願いをするかというと・・・

領収書や請求書が無造作に放り込まれた、お菓子の空き缶を、「はい、どうぞ。」と渡されても困ってしまうわけです (^^;)
味付け海苔の空き缶、というのもありました。

ご訪問した際に、スムーズに閲覧できるよう、ご協力、お願いいたします。

こんなニーズをお持ちのお客様に選択されています

このサービス形態を選択されるお客様の多くが、
経理事務から、解放されたい!
というニーズをお持ちです。

経理事務に手を煩わされることなく、本業に専念したい、ということでしょう。
少人数で事業をされているため、経理事務にまで手が回らない、というケースも多いようです。

また、「定期的(毎月など)に訪問してくれるほうが、何かと相談しやすい。」 という、お客様もいらっしゃいます。

サービスの内容や形態は、お客様のニーズに応じて変わります

ここで紹介した標準タイプは、あくまでも、会計サービスの基本型です。
これを基にして、様々なバリュエーションをつけておられるお客様もいらっしゃいます。

例えば、つぎのような形態もあります。

 ・ 訪問頻度を下げ、数ヶ月分を一度に処理する
 ・ 出納データや領収書類は、毎月、郵送してもらい、ご訪問は必要なときだけにする

経理事務は、丸投げ方式として、訪問頻度のみを下げた例です。

後述する会計サービスの目的さえ果たせれば、そのサービス形態は問わない、というのが当事務所のスタンスです。


お客様の会計サービスに対するニーズ、そして事業規模や業態によって、お客様が希望されるサービス内容や形態は異なります。
会計サービスの内容や形態は、お客様との打ち合わせを通して、最適な形態を選択していただきます。
お客様自身にとって最も使い勝手がよく、ニーズに合った内容に変えていきます。

会計サービスをご提供する目的は、次の2点につきます。

・ 決算対策が的確に、かつタイムリーにできること
・ 税務調査の際に、思わぬ指摘を受けないこと

この2点さえ外さなければ、どんなサービス形態であれ問題はありません。
当事務所では、実際、お客様によってサービスの提供形態が異なっています。