お客様の数だけ、会計サービスの形態がある!

標準的なタイプも、メールde経理 も、当事務所がご提供するサービスの1形態にしか過ぎません。

標準タイプ と メールde経理 は、それぞれの対極をなすサービス形態といえます。

            標 準 タ イ プ        メール de 経理   

 訪問頻度    毎月訪問します      基本的に訪問しません

 経理事務    当方に丸投げです    お客様と分担します

両タイプの中間形態も可能です。
たとえば、
 ・ 標準タイプを基本とするものの、訪問頻度を減らして、数ヶ月分を一度に処理する
 ・ 出納データや領収書類を当方に郵送し、訪問は必要なときだけにする
と、いった具合です。

また、独自の管理データを作成してもらいたい、といったご要望のお客様もいらっしゃいます。

くどいようですが、会計サービスの形態は、お客様の数だけ存在します。

お客様のニーズにあった形態を一緒に組み立てていく

これが当事務所のスタンスです。

的確な決算対策が可能であり、かつ、税務調査で思わぬ指摘を受けない、という点さえ確保できれば、どのような形態であれ問題はありません。

それが、当事務所の強みであると考えております。


ご自身で帳簿を作成される場合は?

個人事業で青色申告を選択されておられた場合、ご自身で帳簿を作成されていたと思います。

法人成り後も、引き続きご自身で帳簿は作成したい。

そのような場合も、記帳内容の確認の意味で、当事務所をご活用されてはいかがでしょうか?
必ずや新しい発見があるはずです。

・定期的にご訪問させていただく
・メール de 経理 のような形態で対応させていただく

どちらでも結構です。

決算と税務申告、税務調査や各種のご相談には、もちろん責任を持って対応させていただきます。


決算と申告だけのご依頼の場合

決して少なくないご要望です。
ただ、当事務所としましては、定期的に帳簿内容を確認させていただくことを、強くお勧めします。

その理由は、こちらをお読み下さい。


帳簿は自分で作成する。
帳簿内容のチェックも不要である。
決算と税務申告だけを依頼したい。

このお客様が望まれているのは、会計サービスではなく、申告書類の作成代行です。きっと、当事務所よりも適任者がいると思います。